禁煙は体に良いことばかりです。いまや受動喫煙が問題視され喫煙スペースが限られたり、タバコも値上がりしたりなど辛いですよね。一服としてタバコでストレス解消していた人たちも、肩身の狭い思いをしてむしろストレスが溜まっているのではないでしょうか?禁煙の効果はすぐに表れます。簡単にできるとは言いませんが、今辞めてみてはいかがでしょうか。

禁煙のための医薬品は通販で買うと安い

煙草をやめたい方が、禁煙のための医薬品を入手する方法の一つに通販があります。
ニコレットジェネリックやチャンピックスなど、医療機関で処方してもらう必要がある薬品も購入することができます。
もちろん、本来これらは処方箋が必要な薬であるため、単純な通販で売られているわけではありません。
だからといって違法に入手するわけでもありません。
ではどういう風に入手することになるのかというと、個人輸入をして購入することになります。

個人輸入代行の業者が存在していて、そこでは通販サイトでショッピングをするように、欲しい薬をカートに入れて注文するだけで、禁煙のための医薬品を輸入することが可能です。
処方箋が必要な薬の個人輸入は合法であるため、問題なく輸入できます。
業者が販売目的で勝手に輸入・販売をすることは罰則の対象ですが、個人はそうではありません。
つまり、個人輸入代行業者は、あくまで個人輸入のサポートをしているだけで販売はしていないのでセーフだというわけです。

個人輸入が許されているのは、海外で治療を受けていた時に利用していた薬を引き続き国内で利用したい場合などに入手することができるようにしているからです。
病院で処方してもらうための診察料も必要ありません。
また、値段も普通に処方してもらう場合に比べてとにかく安いです。
そして、まとめ買いをすることで値段がさらに安くなることもあるなど、金銭的な負担を軽くすることができます。

ただし、個人輸入によって購入した薬を利用して副作用が生じたとしても、それは自己責任になります。
確かに価格面で安いのは魅力ですが、医師の処方を受けたわけではないということはきちんと自覚して、自己責任での使用であれば安いというメリットを享受することができるので、利用すると良いでしょう。
心配な方は、やはり医療機関を受診して処方してもらった方が安全です。
この両者を天秤にかけて慎重に選ぶようにしてください。

通販だと病院へ行く手間も省ける

ニコレットジェネリックやチャンピックスを通販で購入すると病院での処方よりもかなり安く購入することができ、診察料も必要ありません。
さらに病院へ行くまでの交通費も必要ありませんし、余計な待ち時間もありませんので忙しい人にも禁煙治療が続けやすくなります。
個人輸入は最初から自分で行うとなると手続きも難しく外国語の知識も必要となりますが、こうした手続きはすべて代行業者が行ってくれ、サイトは日本語表記ですので一般的な通販サイトと同じ感覚で購入することができます。

こうしたサービスを提供しているサイトは実に多く存在しますが、ただ安さだけで選んでしまわず業者の信頼性や実績を確認しておくことがおすすめです。
個人輸入では安く薬を入手できますが安心して使い続けるためには必ず正規品を入手する必要があります。
それゆえ、正規品保証がある業者を選んでおくとより安心ですし、配送保証のある業者であるかもよく確認しておきましょう。
個人輸入では一個からでも注文することはできますが、海外からの発送となりますので到着まではやや時間も必要ですしまとめ買いなら割引価格となりますのである程度の数をまとめて注文しておくと良いでしょう。

禁煙グッズとはいえ、医薬品ですので正しい使い方をし続けることが大事です。
間違った使い方をしてしまうと良い効果を得られないどころか副作用が強く出てしまう可能性もないとは言えません。
初めてチャンピックスなどの薬を飲むという人はまずは病院で正しい使い方をアドバイスしてもらうことがおすすめです。
そして薬を飲んで体調に変化があった場合は一旦使用を中止して医師に相談してみましょう。
個人輸入は安く薬を購入できることで人気が高まっていますが、自己責任での使用となりますので正しい使い方を心掛けることが大事です。

関連記事