禁煙は体に良いことばかりです。いまや受動喫煙が問題視され喫煙スペースが限られたり、タバコも値上がりしたりなど辛いですよね。一服としてタバコでストレス解消していた人たちも、肩身の狭い思いをしてむしろストレスが溜まっているのではないでしょうか?禁煙の効果はすぐに表れます。簡単にできるとは言いませんが、今辞めてみてはいかがでしょうか。

禁煙するなら効果の高いチャンピックス

チャンピックス禁煙したいのになかなか成功させられないという人は、高い禁煙効果が期待できるチャンピックスを使ってみてはいかがでしょうか。
チャンピックスは処方薬なので医師に相談してから使用することになりますが、臨床試験での高い禁煙成功率が報告されているため、これからタバコをやめたい人は利用してみましょう。

チャンピックスにはバレニクリン酒石酸塩が有効成分として含まれています。
この成分は、タバコを吸った時にニコチンが脳の中にあるニコチン受容体に結合するのを防ぐという働きを持っており、それによってタバコを吸った後の満足感が得られないようにします。
この作用により禁煙中にタバコを吸ってしまってもすっきりしないので、だんだんとタバコから離れられるという効果が期待できるのが便利です。

更にチャンピックスは服用しておくとニコチン受容体に結合して少量のドパミンを放出することにより、ニコチン離脱症状で患者さんがイライラしたり落ち着かない状態になるのを軽減します。
タバコを吸いたいという気持ちを抑えるという作用を持つのが特徴です。
この働きにより、禁煙中のニコチン離脱症状が心配な人もチャンピックスなら続けやすいと考えられます。

チャンピックスの安全性については確認されていますが、服用する時には躁うつ病などの精神疾患がある人は精神症状が悪化する恐れがあるため気をつけるべきです。
また、精神疾患がない人でもチャンピックスの服用や禁煙の影響で不安な気分になったり抑うつ気分になるといった副作用が出る場合があります。
この薬での禁煙治療中に精神的な変化を感じたら服用を一旦中止して早めに医師に相談しましょう。

その他にチャンピックスの副作用としては吐き気や便秘、頭痛なども報告されています。
副作用と思われる症状が出た時には無理をせずに医師に相談して対処法を考えると安全に使用できるでしょう。

禁煙は一人で禁煙補助薬を使わずに成功させるのは難しいものです。
タバコがやめられなくて困っているなら、禁煙外来で診察を受けたりチャンピックスを服用することで禁煙の成功率を高めてはいかがでしょうか。

チャンピックスは禁煙外来でも処方される薬

昨今の禁煙ブームにより禁煙治療薬は数多く販売されていますが、バレニクリンを主成分としたチャンピックスは禁煙効果も高く、たくさんの人が服用している禁煙薬です。
禁煙治療薬というとなかなか効果が得られない、成功したと思ってもすぐにまた喫煙してしまうといった悩みも多くあります。
このチャンピックスは禁煙外来でも処方されている薬なので信頼度は高く、安全性といった面でも期待ができます。

また、一人で禁煙を試みるとどうしても自分に甘くなってしまいがちで成功の可能性も低くなってしまいます。
その点、禁煙外来での治療であれば知識豊富な医師からのアドバイスを受けながら禁煙に臨む事ができるので、それだけ高い効果を得られるでしょうし、本気で禁煙をしたいという人にとって禁煙外来は大きな選択肢の一つと言えます。

また、チャンピックスに限らず多数の禁煙治療薬に言える事ですが、抑うつ気分になったり、吐き気や便秘、頭痛を催すなどの副作用が現れる場合があります。
こんな時自己判断で服用をやめてしまったり、安易に他の薬を併用して飲んでしまったりする前に医師に相談して適切な対応ができる事も禁煙外来を利用する大きなメリットでしょう。
年々上がるタバコ税に喫煙所の減少、あらゆる場所での分煙化など、喫煙者はますます肩身の狭い思いを強いられつつあります。

それゆえに喫煙の必要性を感じられなくなり、そろそろタバコはやめようかと思っている人もたくさんいる事と思います。
タバコをやめられなくて困っている人はもちろんの事ですが、タバコはもう卒業しようかと思っている人もこれをきっかけに禁煙外来も利用しつつチャンピックスで禁煙を始めてみてはいかがでしょうか。

関連記事