禁煙は体に良いことばかりです。いまや受動喫煙が問題視され喫煙スペースが限られたり、タバコも値上がりしたりなど辛いですよね。一服としてタバコでストレス解消していた人たちも、肩身の狭い思いをしてむしろストレスが溜まっているのではないでしょうか?禁煙の効果はすぐに表れます。簡単にできるとは言いませんが、今辞めてみてはいかがでしょうか。

ニコチンに頼らないザイバンの禁煙効果

体に悪いと知っていながらもタバコがなかなかやめられないのはニコチン中毒になっているからかもしれません。
ニコチンが切れることでイライラする・落ち着かないといった離脱症状が現れるため、やめたくてもやめられないのです。

そのため、禁煙補助薬品の中には、ニコチンが少量入ったガムで離脱症状を抑えながら禁煙に導くものもあります。
ただ、ニコチンを含まない禁煙補助薬品もあるのです。それがザイバンです。
ザイバンはもともとは抗うつ薬として開発された薬です。
しかしながら有効成分のブプロピオンに喫煙意欲を無くす効果があることから禁煙の薬として使用されるようになったのです。

ニコチンを摂取することで人の脳内にはドーパミンやノルアドレナリンが分泌されます。
これが快楽につながるため、不足するとイライラや集中力の低下といった作用をもたらします。
ただ、ザイバンのブプロピオンにもドーパミンを分泌させる作用があるため、わざわざニコチンを摂取しないでも十分、ニコチン不足による作用を抑制することができるようになるのです。
ニコチンと違ってこちらは中毒性がありません。安心して使用することができます。
ストレス解消のためにタバコを吸っていたという方も、無理なくやめることができるのです。

従来の禁煙薬と比べて2倍以上の改善効果が期待できると言われています。
副作用もほとんどないため安心して使用することができます。試してみてください。
時に口の乾きや睡眠困難・頭痛・吐き気といった副作用が起こることがあるものの、軽度のものです。
とはいえ、心配なら病院で診てもらうようにしましょう。

1日目から3日目は早朝に1日1錠、4日目から90日目までは朝晩1錠ずつ、というように使い方のルールがあるため守るようにしてください。
3ヶ月は継続して服用をしなければなりません。
タバコの依存性は麻薬などに匹敵するものと言われています。そこから逃れるには時間がかかるのです。

ニコチンを使わないことのメリット

タバコに含まれているニコチンという成分が禁煙における最大の問題です。
なぜタバコはやめられないのでしょうか。
それは、タバコを吸うことで取り込むニコチンが、脳の中にあるニコチン受容体に結合することでイライラが解消されたり気分がよくなるもとである「ドーパミン」が発生するからです。
そして厄介なことにドーパミンが発生すると脳が「美味しい」と感じるようになっているため、タバコが美味しいと感じてしまいます。

ザイバンに含まれる成分であるブプロピオンには、脳の中にあるニコチン受容体にニコチンが結合するのを阻害する効果があります。
結合しなければ、タバコを美味しいと感じる要因となるドーパミンが発生しないためタバコを吸うメリットを失わせることができます。

禁煙補助薬品の中には極少量のニコチンが入っているもので禁煙中のストレスを軽減しながら少しずつ禁煙に向かっていくタイプのものもありますが、そういったものは少なからずタバコに対する魅力を残し続けてしまいます。
しかしザイバンの場合は禁煙を難しくするニコチンに対して直接働きかけてタバコ自体を不味くしてしまうためタバコを吸いたいという願望自体がなくなっていきます。

ニコチンは口腔、鼻腔といった粘膜や肺、皮膚などの毛細血管に吸収されます。
体に取り込まれたニコチンは末梢血管の収縮を引き起こし、血圧を上昇させたり心拍数が増加させます。
また、末梢血管が収縮するせいで血の巡りが悪くなり体温が低下します。
そして、これらの症状は血管の内側を傷つけます。

禁煙補助薬品はザイバンだけではありませんが、ほんの少したりとも上記の減少を引き起こす原因となるニコチンを全く使っていないことは今後の健康の面で大きなメリットとなります。

関連記事

この記事をシェアする