禁煙は体に良いことばかりです。いまや受動喫煙が問題視され喫煙スペースが限られたり、タバコも値上がりしたりなど辛いですよね。一服としてタバコでストレス解消していた人たちも、肩身の狭い思いをしてむしろストレスが溜まっているのではないでしょうか?禁煙の効果はすぐに表れます。簡単にできるとは言いませんが、今辞めてみてはいかがでしょうか。

ガムタイプならニコレットジェネリックのニコテックス

禁煙グッズでガムタイプならニコレットジェネリックのニコテックスがあります。
ニコレットのジェネリックタイプですから、基本的な効果はニコレットと同様に考えてもいいかもしれません。
体内にニコチン成分を摂り入れて、依存体質から離れやすくなるニコチン置換法と呼ばれるタイプの禁煙補助剤の1つという事になるでしょう。

副作用も考えられるので使用にあたっては注意が必要です。
噛み方は落ち着きがなくなった時に1個を30~60分程度で噛むようにしましょう。
複数個使用しても効果は逆に少なくなってしまうので、強い衝動があったとしても一個だけを使用するようにします。
たくさん噛むと効果が高まるというわけではなく、逆に効果が薄くなるので注意が必要です。

目安としては禁煙をし始めた当初は一時間から二時間の間隔で一つ、二カ月ぐらいたつと三から四時間ぐらいで一つ、一年ぐらい経過すると半日に一つというぐらいで考えておくといいようです。
そして、その間に禁煙できそうな時期が来ればそれで止めて構いません。
この用法用量は守っていくようにすべきでしょう。
そうしないと効果が上手く発揮されないことがあるからです。
タバコを吸いたいという衝動が大きいから多く噛むというわけではなく、衝動を感じたときには、この用法用量を守って使うことで、だんだんと慣れていく事になるというように考えましょう。

禁煙はすぐに出来るものではないので、かなり長い付き合いになると思われます。
一時的に良くなったからもう要らないというような考えをするのではなく、確実に依存ではなくなったと確信できるまでは、持ち歩くということをした方がいいかもしれません。
依存はいつ再発するのか分からないという特徴でもあります。
自分ではこの衝動を抑えられないからこその依存ですから、こうした禁煙補助剤はしっかりと用法用量を守って確実に使用することが大切です。
自分勝手にこれでいいやというようにしないようにしましょう。

ジェネリック薬でも効果は期待できる?

ニコテックスは、ニコレットのジェネリック医薬品で、禁煙中に起こるイライラ・集中力の低下をニコチンを含んでいるガムを使用することで解消する効果があります。
それ以外にも紙のタバコを吸わなくなることで、タバコに含まれている有害物質が体内に溜まらなくなり、肝臓への負担も減り、アルコールの抜けも早くなったり、目覚めが良くなるという効果もあります。
ニコレットは、体内にニコチン成分を摂り入れて、依存体質から離れやすくなるような置換法と呼ばれる禁煙補助剤の1つです。
パッチ剤などと違い人前でも視線を感じることなく、口に入れるガムなので簡単でお手軽に禁煙を始める事が出来ます。
そして、ニコチン離脱症を軽減しながら、生活習慣の改善を行ってくれて、徐々に摂取量を減らすことで禁煙に導いてくれます。

副作用は、腹痛・めまい・吐き気、食欲不振や下痢などが報告されていて、他の禁煙補助薬品との併用はしないようにして下さい。
使用中に症状が出た場合には、副作用の可能性があるので、薬剤師や医師に相談をしましょう。
もちろん、タバコを嫌いになるような作用は含まれていなく、非喫煙者や他のニコチン製剤を使用している方は決して服用しないようにして下さい。

保存方法は、高温多湿を避けて、子供やペットの手のところに注意が必要です。
噛み方は、禁煙時のイライラ感や集中力の低下が感じられた場合に、1回に1個をゆっくりと間を置きながら30~60分ほどかけて噛むようにします。
1日の総使用量を48mgを超えないようにして、慣れてきたら個数を晴らしていきます。
2個以上をいっぺんに噛むと効果が薄まるので、用法用量はきちんと守り、辞められるようであれば自分のタイミングで辞めてしまって大丈夫です。

関連記事